遺産相続や過払い金問題をしっかり解決|専門家に頼ってスッキリ解決

事業に対する税金

法人の現在のトレンドについて

スーツ

事業を行うには、主として2つの形態で行うことになります。その2つとは、法人もしくは個人事業ということです。そしてこの2つの利益に対しては、当然課税が行われますが、その課税を規定する法律が異なります。前者が法人税であり、後者が所得税です。 また個人事業から会社設立により法人成りすることもできます。法人事業から個人事業へとなることも可能ですが、やはり個人事業から法人成りするケ−スが多くあります。 会社設立が増えてきている背景として、現在のトレンドとして、所得税に対する課税が重くなっているのに対して法人に対する課税が軽くなっているという流れがあります。たとえば復興特別税は、法人税は廃止となったのに対して所得税は以前として規定が設けられています。

会社設立をするための方法について

では個人事業を行っていて会社設立をするためにはどうすればいいのかというと、もちろん事業主が自ら行うことも可能です。会社設立を行うためには、登記などの手続きを要しますが、これらの手続きは事業主自ら行うことが可能です。 ただ本業をこなした上にこれらの手続きを並行して行っていくことは、肉体的にも精神的にもかなりの苦労が伴ってきます。また自ら慣れない手続きを行うことで間違いが起こる可能性も高くなってきます。そういった際には、専門家に依頼することも可能です。会社設立では、司法書士などが専門家に該当します。これらの手続きを司法書士の先生に依頼することで時間を短縮することができるだけでなく、間違いも防ぐことができます。